スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩進んで二歩下がる

081118_a.jpg

BBをセッティングします。右ワンは専用工具で確実に入れます。

081118_b.jpg

右ワン回しはホーザン、かに目レンチはVAR、ロックリング回しはスギノです。

081118_c.jpg

光ってしまい黒く見えますが普通にシルバーです。フランスのTA、シャフトはトリプル用を入れました。一歩前進。

081118_d.jpg

そういえばロックナットのねじ込み量が微妙なヘッドパーツですがアウター受けを忘れていました。なので問題のねじ込み量ですが、正直かなりギリです。。。一歩後退かも。。。

それから大事件です。せっかくあかさんから譲っていただいたホイールでしたが、リア用のスポークも揃って組んでいたらテンショを上げ過ぎたようでリムが思い切り変形してしまいました。オシャカです、これだけで二歩後退だな。。。orz

順調のようで色々あります。まぁ慌てません楽しみます。
スポンサーサイト

雨の午後

081116_top.jpg

雨の午後はユーラシアの組み立て作業でもしましょう。昨日はバンクでもがいて今日はランドナーを組む。

ヘッドパーツ圧入の巻

TANGE-SEIKI TGHC-1 マイクロアジャストタイプ(輪行でヘッドを抜いてもリテナーが落ちない)
もともろのオリジナルに比べると高さがあるそうで(オリジナルは見ていなくて聞いた話し)コラムがロックナットに届くか、あいや届くだけではだめで十分なねじ込みでロックできるかが問題。計算上は4ミリほどねじ込めるのでまぁまぁ大丈夫なはず。でも実際のところはやってみないとわからない。ドキドキの作業です。

ところで自転車用工具に関してはそこそこオタクな私ですが、ヘッドパーツ圧入の作業に必要な高価な工具は持ち合わせていません、知り合いの自転車屋に持ち込めば簡単ですがそれではつまらないです。そこでネットでググッてみると色々皆さん工夫されている様子。ならばと最寄のホームセンターへ直行です(笑)

結果833円で工具に変るものが揃ってしまいました!

早々作業に取り掛かります。

081116_a.jpg

まずはクラウンレースコーンをフォークに突っ込みます。
使うのは塩ビの水道管、サイズがこれまたジャストなヤツが売っていました。仮止めした状態でパイプを下にしてフォークを持って打ち込みます。浸透防錆潤滑スプレーを吹いておけば数度の打ち込みで定位置に治まりました。
塩ビの水道管を30㎝くらいに短くしてプラハンでパイプを打ち込むほうが良い?ちょっと荒業すぎたかな。でも塩ビの固さが絶妙でコーンを痛めることがありません。

続いては核心のボトムカップとコーンをヘッドチューブに突っ込みます。
見ての通りでナットをねじ込めば徐々にチューブに治まっていくといういたって簡単なものです。作業は片側づつでねじ込むナットは反対側(座金がヘッドチューブに当たっている方)を回すようにしました。トップの画像は作業後に撮影したものです。

081116_b.jpg

結果クラウンのねじ込み量ですが、若干覗くと足りていませんが十分なねじ込み量がありましたので大丈夫だと思います。なんだかすごくあっさりとヘッドパーツの圧入作業は終わってしまったのでした(笑)

081116_c.jpg
ステムが古臭いかな、日東のパールでもいいね

081116_d.jpg
メガネと片口は19㎜です。

さてこうなるとお次はBBだね、TA突っ込みま~す。Rホイール用のスポークとニップルも届いているから組んでしまいましょう。不足しているパーツのうち肝心要の泥除け周りを探さないとね、キャリア出来上がってからゆっくりでもいいか。ペダルにトーストラップ・トークリップはピスト用で在庫あり、後はハンドルとブレーキレバー・タイヤ・ワイヤー関係があれば走れるようにはなっちゃうぞ。

ランドナーを楽しもう

081111_randonneur1.jpg

先日あかさんから懐かしいユーラシアのフレームを譲っていただきました。

正確に記すとランドナーではなく当時のブリジストンが言うところのディアゴナールと呼ばれる700cのタイヤでカンチブレーキを装備するタイプ、ランドナーとスポルティーフの中間に位置するもののようです。

自転車弄るの大好きですから乗れるようにしたいと思います。実はけっこうパーツ持っているんです。今は手元にありませんがその昔ランドナーに乗っていたくちです。でもまだまだ足りないものだらけですからコツコツ揃えましょうか。オリジナルには拘りません。ただし当時のテイストは残して、少しずつパーツをグレードアップしていったような雰囲気になるといいなと思っています。あまりピッカピッカでなくともOKでしょう。レストアと言うより当時の雰囲気で乗れるようにするって程度で良いと思っています。

ホイールもあかさんから譲っていただき少しは綺麗にします。一旦総てバラシてスポークとニップルは交換です。たまたまフロント分は在庫(普通在庫していないですよね、実はわたしそんな人です)していましたので早速組みました。番手はひとつ細くなりますがプレーンで1.8ミリです。元は2.0ミリでしたが36hですし1.8で十分だと思います。マビックの安いタイプのリムですが磨いたらとても綺麗になりあまり使われていなかったのか縦ブレも楽に消せました。シマノのハブですがプラスチック部分のヤケはある程度仕方ありませんね、でも玉当りはこのクラスのハブにしては上出来に仕上がったと思います。一人ごちています(笑)

こうみるとやっぱりシルバーに光る部品の数々に頬も緩むってところですよね。出来上がったらコンロ持ってノンビリサイクリングを楽しみたいと思います。春までには出来上がるかな~

ヘッドーパーツ 丹下※とりあえずリテナーが落ちないタイプですが高さが微妙…
チェンリング TA
クランク TA
BB TA(ダブル用・トリプル用あり)
チェーン レジナ
Wレバー シマノデュラエース(バンドタイプをhiroさんから譲っていただきました)
FD カンパヌーボレコード
RD ユーレージュビリーツーリング(カンパとサンプレもある)
ブレーキ マファッククリテリウム
アウター受けF:シマノR:マファック
千鳥 マファック(ダイアコンペの滑車タイプやアルミ削りだし滑車タイプもある)
ステム 日東ダイナミック
サドル イデアル
ピラー サカエ
シートピン スギノ(ピスト用に在庫していたもの)
ポンプ アドホック(フレーム装着用バンドタイプ台座あり)
ボトルゲージ TA
テールライト ルクソール ※改造しないと使えない
チューブ 28c用の在庫あり

以下ないもの
ハンドル ※最初はランドナーバーだと言っていましたが、やっぱりマーズバーがいいね。
ブレーキレバー
タイヤ
マッドガード これってキモよね
キャリア ※あかさんから譲っていただいたものはサイズが大きく合わないみたい残念。
フロントバッグ
ダイナモ 左用ってやつ
ライト
ブレーキワイヤー+アウターケーシング
シフトワイヤー+アウターケーシング
ペダル
トークリップ
トーストラップ

あとなんか必要なものあるかな、泥除け用の小物はなにが必要だっけ?。。。ダルマネジと輪行用に分割するってーと。。。まっそんなこんなが楽しいね。
プロフィール

batchan

Author:batchan
自転車

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。