スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立川市民自転車教室

081130.jpg

立川競輪場で行われている市民自転車教室に参加してまいりました。

周回30
200STT×2
200FTT×2
600STT×1
周回20

昨日の疲れを引きずっておりヘロヘロでございました。バックでは向かい風。。。まぁこれも練習です。積み重ねが大事だとのお言葉も頂きました。まだまだちばるのだ!

いっしーさん大変お疲れ様でした。やってみると思いのほか楽しいでしょ!
スポンサーサイト

川崎バンク練習会

DSC00238.jpg

行ってきました久し振りの川崎競輪場です。
周回50周
ハロン計測せず、2車掛け捲くり担当×3本。。。
周回20周

帰りに車で渋滞も良くないけどけっこう身体こわばる、相当疲れたみたい効いてますねえ3本(笑)

今回もお世話になりましたY師匠はじめチームの皆さん大変お世話になりました。また2車掛けに声を掛けていただきましたKさんありがとうございました。

※チェーンを繋いでいるネジが外れました。日頃から整備を怠らずに、今回も走り出す前に点検をしたにも関わらずトラブルが起きました。幸い事故・怪我に繋がらず良かったのですが、もっと仔細な車両の変化にも気が付けるように努力したいと思います。

Made in Japan

081127_1.jpg

かつてはシマノ以外にもあったMade in Japan。

向かって左から
SANSHIN PROFESSIONAL R 片歯 120㎜ ※ステッカーは剥がれて無くすっぴん。
SANSHIN PROFESSIONAL F 100㎜
SUZUE PRO MAX R 両歯 120㎜
SUNTOUR SUPERBE R 片歯 120㎜ ※PROではない

磨いて玉あたりみて、どうですまだまだ現役です。

081127_2.jpg

先日埼玉の師匠より直して使いなさいと頂いてきたホイールをバラしています。

リムもARAYA GOLD WORLD CHAMPIONでMade in Japanですね。練習用ホイールだったものはMAVICのGP4で組まれていました。古いセメント剥がして磨き込めばまだまだ使えるでしょう。

スポークとニップルは新調して組みなおします。
なかでも馬鹿当りのホイールが私の決戦ホイールになる予定です。

片歯のホイールは両歯と違ってロード用まで極端じゃないけれどオチョコが必要だね。でも組んであったスポークを確認すると同じ長さ(305㎜)でした。気分的にはこの片歯を決戦用にしたいけれど、先日も組んだデュラの両歯もあるのでした。

すっかりホイール長者です。ピスト用に限るけどね(笑)

そうそう画像にないけれど頂いた中にはロックナット寸法が110㎜のものもありました。それらは某氏のところに嫁入り予定です。まだまだ磨けば光りますよ~(F1本100㎜+R2本110㎜)

ローラー練

081124_top.jpg
埼玉の師匠宅にあるトレーラーハウス内にて

プロの目から見て頂いて、だいたいどうなんだと。。。

①サドルの高さ駄目~下げる
膝に余裕を持たせたほうが脚が一杯になっても最後まで粘れるぞ!

②腕の置き方なってねー&ハンドルを少しおくった。
流しているときのリラックスした形を会得しろ!

③右脚ガニ股じゃん
右足シューズのクリップ位置調整で改善される

この3本ローラーは電源入れて回転させることが出来るもの。強制的に回して回転練習するそうな、でも今回それは少しだけ。それよりポジションがどうなのかがまず問題、上にあるよな3点を主に注意される。

師匠の鋭い眼差しに緊張しながら乗ったり降りたり。

最後にはまあまあ及第点を頂き、満面笑みが拡がる俺。。。が最後にその出っ張った腹を凹ませてもっとステムを下げなさいと言われる。

さらに半駒使ってリアセンターを延ばせば最後に伸びるBIKEになることや、脚を掛けるタイミングや位置取りの話しを細かく教わることが出来た。

これでまたバンクで走ることが楽しみになった。早く来い週末!

最後に今回もお世話を頂いた3kさんに感謝します。

※師匠の目を盗んで最高速チャレンジ!72km/h(49×14)今日のところはこんぐれーにしといてやら~(笑)、電源が入っているとスピードと距離の表示が出る。いいね~プロ用3本ローラー

久し振りのサイクリング(仮ていうかダイジェストだごめんw)

081123_1.jpg
あ~とっても久し振りな荒川、この画像で何処の橋かわかります?

今日は日頃バンクでお世話になっているチームのサイクリングに交ぜて頂きました。

サイクリング久し振り~朝から自走も久し振り~ついでに荒川1年ぶり
しかしなんだ、荒川まで1時間ちょっとで来れるなんてすっかり忘れていたよw

081123_2.jpg
あ~ここも久し振り!

081123_3.jpg
最初の目的地到着!

081123_4.jpg
しめて420円でお昼終了!

081123_5.jpg
あっお約束で榎本牧場。ここもえれぇ~久し振りw

チームの皆さんわたしなんぞ交ぜて頂き感謝します。ありがとうございました。
久し振りの荒川サイクリングこれからの季節はグルメツアーがいいね!
150km

街道練習

多摩サイ


久し振りにブレーキを付けて。。。これまでは土手ばかりだったから外道に向かうのは初めてだね。

ギア比
48×15(3.2)

登り坂では腰で粘り、下り坂では腹で回転練習。
よく解かっていなくてね、でも大きく間違ってはいないと思うんだけどどうかな?

48km

※画像は今日のものではありません。

オイルと後車1本

081119_top.jpg

薄く薄くほんの微量でも普通のオイルを使っていましたが、シリコンスプレーにしてみました。一旦チェンリング・小ギア・チェーンを脱脂してからシリコンスプレーを吹きました。乾いてくるとチェーンと前後ギアが擦れる音も無くなります。しばらくこれで試してみます。

ところで画像の作業台ですが、まだ慣れないせいか後車(ごしゃ)を交換する時に上手にチェーンを張れません。結局は自転車の向きを戻した時に調整しなおしています。意味無いじゃん...なんかコツでもあるんでしょうかね?

081119_a.jpg

埼玉の師匠(このブリジストン号を譲っていただいた大先輩)からデュラのリアハブを頂いていますので、20年以上前にロードで使っていたリムを磨いて組みました。

ハブ:ディラエース両歯36h
リム:アラヤゴールドワールドチャンピオン36h
スポーク:星#15-16バテット305㎜
組み方:8本取り/両歯なので使う側のテンションスポークが内側から外に出る形、裏表で逆向きになる。

081119_b.jpg

081119_c.jpg

古いリムですがなかなか良い状態、ハブの玉当たりも悪くないので決戦用になるかもです。タイヤはビットリアピスタエボでも奢ろうか。。。って安くないし暫くレースもない。このまま春でしょうな。

一歩進んで二歩下がる

081118_a.jpg

BBをセッティングします。右ワンは専用工具で確実に入れます。

081118_b.jpg

右ワン回しはホーザン、かに目レンチはVAR、ロックリング回しはスギノです。

081118_c.jpg

光ってしまい黒く見えますが普通にシルバーです。フランスのTA、シャフトはトリプル用を入れました。一歩前進。

081118_d.jpg

そういえばロックナットのねじ込み量が微妙なヘッドパーツですがアウター受けを忘れていました。なので問題のねじ込み量ですが、正直かなりギリです。。。一歩後退かも。。。

それから大事件です。せっかくあかさんから譲っていただいたホイールでしたが、リア用のスポークも揃って組んでいたらテンショを上げ過ぎたようでリムが思い切り変形してしまいました。オシャカです、これだけで二歩後退だな。。。orz

順調のようで色々あります。まぁ慌てません楽しみます。

雨の午後

081116_top.jpg

雨の午後はユーラシアの組み立て作業でもしましょう。昨日はバンクでもがいて今日はランドナーを組む。

ヘッドパーツ圧入の巻

TANGE-SEIKI TGHC-1 マイクロアジャストタイプ(輪行でヘッドを抜いてもリテナーが落ちない)
もともろのオリジナルに比べると高さがあるそうで(オリジナルは見ていなくて聞いた話し)コラムがロックナットに届くか、あいや届くだけではだめで十分なねじ込みでロックできるかが問題。計算上は4ミリほどねじ込めるのでまぁまぁ大丈夫なはず。でも実際のところはやってみないとわからない。ドキドキの作業です。

ところで自転車用工具に関してはそこそこオタクな私ですが、ヘッドパーツ圧入の作業に必要な高価な工具は持ち合わせていません、知り合いの自転車屋に持ち込めば簡単ですがそれではつまらないです。そこでネットでググッてみると色々皆さん工夫されている様子。ならばと最寄のホームセンターへ直行です(笑)

結果833円で工具に変るものが揃ってしまいました!

早々作業に取り掛かります。

081116_a.jpg

まずはクラウンレースコーンをフォークに突っ込みます。
使うのは塩ビの水道管、サイズがこれまたジャストなヤツが売っていました。仮止めした状態でパイプを下にしてフォークを持って打ち込みます。浸透防錆潤滑スプレーを吹いておけば数度の打ち込みで定位置に治まりました。
塩ビの水道管を30㎝くらいに短くしてプラハンでパイプを打ち込むほうが良い?ちょっと荒業すぎたかな。でも塩ビの固さが絶妙でコーンを痛めることがありません。

続いては核心のボトムカップとコーンをヘッドチューブに突っ込みます。
見ての通りでナットをねじ込めば徐々にチューブに治まっていくといういたって簡単なものです。作業は片側づつでねじ込むナットは反対側(座金がヘッドチューブに当たっている方)を回すようにしました。トップの画像は作業後に撮影したものです。

081116_b.jpg

結果クラウンのねじ込み量ですが、若干覗くと足りていませんが十分なねじ込み量がありましたので大丈夫だと思います。なんだかすごくあっさりとヘッドパーツの圧入作業は終わってしまったのでした(笑)

081116_c.jpg
ステムが古臭いかな、日東のパールでもいいね

081116_d.jpg
メガネと片口は19㎜です。

さてこうなるとお次はBBだね、TA突っ込みま~す。Rホイール用のスポークとニップルも届いているから組んでしまいましょう。不足しているパーツのうち肝心要の泥除け周りを探さないとね、キャリア出来上がってからゆっくりでもいいか。ペダルにトーストラップ・トークリップはピスト用で在庫あり、後はハンドルとブレーキレバー・タイヤ・ワイヤー関係があれば走れるようにはなっちゃうぞ。

京王閣バンク練習 11/15

081115keiokaku.jpg

スーパーKアスリートラボが行っている練習会に参加してきました。

49×14(3.5)+コルサエボCXの効果は果たして...

周回とデルニーペーサー集団インターバルを終えた時点でふくらはぎ終了です。ですのでスクラッチを回避、ケイリンは敢闘精神に欠けるかもしれないけれど着に絡むより周回をこなそうと3回の機会総てに発走。やはりはじめてのギア比は脚が痺れます、最後の周回(クールダウン)に参加できずヘナチョコ振りを露呈...最低だあ~

今年大活躍のI選手(Kのスタッフとして参加されています)と初っ端の周回で並んだので、色々参考になるお話を伺うことが出来ました。ありがとうございました。

さて今回の練習ですが季節は冬に向かっていることもあってタイム計測は行われませんでした。それよりも持久力をつけましょうってことです。自分一番苦手な部分ですね、心肺強化と回転強化こそがこの冬の課題であること再認識です。

スーパーK代表はじめスタッフの皆さんお疲れ様でした。まだまだ初心者右も左もわかりませんがこれからもお世話になります。ありがとうございました。来月の練習会に向けて3本で漕いでおきます。

出来ることからコツコツと...

※デルニー錬の周回中にご一緒した方から当方のブログを見て頂いているとお声を掛けて頂きました。恥ずかしさ一杯ですが、ありがとうございました。これからも至近の練習場となる京王閣には続けて参加させて頂きたいと思っています、またお会い出来ると思いますので宜しく御願いします。

とらさん・tictacさん・N野さん・K崎さんお疲れ様でした!

※追記
練習終了後双龍に移動しBogoちゃんのマキノ号を組み立てました。ワイワイガヤガヤ、手を動かすより笑い転げているほうが多かったような。。。楽しい時間をありがとうございました。

ギア比

081114_a.jpg

明日は49×14(3.5)で、無茶だと思うけど経験経験(笑)

081114_b.jpg

48×15(3.20) 4月 まずはこれで
48×14(3.43) 5月 まったく踏めずもタイムは上がる
50×15(3.33) 6月 夏場はこれでもがいたよ
48×14(3.43) 8月 5月に比べたらましになっていた
51×15(3.40) 10月 レースで一度試してみた 
50×15(3.33) 10月 チームスプリントで3人合わせた
48×14(3.43) 10月 秋は基本これでもがいてきた

で明日は49×14(3.50)を試してみます。
けしてこれまでのギア比を回せているわけではない、もしもそれが出来ていたら今のタイムのはずがない。それでも自分比地道にタイムを削ってきている。まだまだ自転車やバンクに慣れてきたことでタイムを削っているに過ぎないのかもしれないが何事も経験だろうと思う。

自分の今の目標は

200FTTでは13秒をコンスタントに切りたい
1,000TTでは1分20秒を切りたい

この程度が出せないようではお話しにならない。今のタイムではまだ競うためのスタートラインにすら立っていないのだ。

さて200FTTを少し考えてみたい。

20cのタイヤが1回転2086㎜、200m走り抜けるのにタイヤは95.877回転すればいいことになる。
ギア比を3.5とするとクランクを回す回数は27.394回となった。な~んだそんない少ないのかって...しかし200mを目標タイムの下限の13秒で走り抜けるためには毎分126.437回転のケイデンスが必要で平均時速は55.385km/hとなる。12秒だと60km/hだ。

もちろんこの数字を出すために山おろしで思い切り自転車を加速させる。バンクの傾斜を使い思い切り突っ込むのだが、その後の13秒という短い時間でもただ闇雲に漕いでいるわけではない。

とにかく計測が始まるところがゴールだと思って漕げと教わった。計測が始まる地点では当然ながら最高速度に達していないといけない。計測が始まるとすぐにコーナーがやってくる。コーナーでの加速は不可能。スピードを出来るだけ維持したが、たいていは減速していくことになるだろう。

勢いがある3コーナーではその遠心力を上手く使いスピード維持につなげたい。しかし外線の内側をキープするだけでも大変である。バンクの内線上を綺麗にトレースすることが一番だがこれがどうして難しいのだ。

コーナーに入って我武者羅に漕いでも無駄なのだ、けしてタイムには繋がらないのである。コーナーを少しでも膨れたらタイム更新はそれこそ絶望的だ。

※内線・外線:バンクの一番内側にある70センチの幅で引いてある2本のラインのこと

3コーナーを上手くこなした後で4コーナーからはしっかり踏んで行きたい。内線と外線の間にもカント(傾斜)がある。それを使いコーナー出口からストレートに向けてより自転車を加速させたい。あとはストレートをもがく。バンクによってこの直線の長さが違う(カントも様々だよ)。長ければ追い込み有利と言われるが、そのあたりはまたいずれ考えてみたい。

200FTTだけでもう考察も疲れた(笑) 山おろしの前にもそれなりの方法論があるが...まぁとりあえずギア比のことってことでここまで。。。

とにかく目標まで限りなく高い壁を越えないといけないがこれもまた自転車遊び。

明日はタイヤも細くなって23c→21cしかも高圧に出来るのだ。先日も3本ローラーではギア比をあげてあるにも関わらず驚愕の軽さであった。そもそも空気抵抗のないローラー上では軽いものなのだが気分を盛り上げるに足る軽さだったのだ。ギア比を49×14(3.5)にしてバンクでもがくのが今から楽しみである。

明日11月15日京王閣での練習に参加します。
詳細はこちら。
http://www.super-k.com/news.cgi?20081026

ホイール

081113_a.jpg

ピスト用のホイールは3組あります。どれも中古ですがなかでも一番回転の良いスズエプロマックス+アラヤゴールドのタイヤを交換しました。少しバンクにも慣れてきたしタイムを削るならより攻めたタイヤにしたいところですがロード用に在庫していたビットリアコルサエボCXを使うことにしました。日頃はラリーなど安価なタイヤを使い、コルサエボはイベント等の時にだけ使っていたものです。

みてくれはオールブラックだし雰囲気台無しのような...太さも23cですからラリーやフォーミュラウノと比べてもあまり変りません。ただ高圧が可能なので少しはタイムを削れるかと...
訂正タイヤの太さは21cでした。圧を上げてローラーに乗ったら無茶苦茶軽かったです。

TTなどではタイヤ+DHバー+ディスクホイールで3秒は削れるよと言われていますが...

081113_c.jpg

古いリムセメントは双龍の大将にドリルやグラインダーを借りて削りました。またフロントホイールのスポークの組み方が片側が逆になていましたのでイタリアンに修正しました。フロントなので左右のスポークの向きは合わせておいたほうが気持ちが良いと思うのです。

081113_bbb.jpg

昔ロードで使っていたリムを引っ張り出してきてやはり古いリムセメンは削り取りました。少し前ですが双龍に7本も持ち込んで夜遅くまで作業させて頂きました。大将その切は大変お世話になりました。あと3本あるのでまた御願いします。(全部で5組10本あるのか...ピストは2台で...)

Rハブ(埼玉の今井師匠から頂いたもの)が一つあるのでスポークを手配中です。玉当りは調整が済んでいます。せめてRホイールはディスクでタイヤはビットリアのピスタとかにしたいものですがまだまだ乗り始めたばかりですからまずは漕げってことです。ちばります。

来年も登録

081112_b.jpg
日付/開催/距離

今年は念願かなってSRに辿り着けた。埼玉の300kmと600kmを途中棄権したことは非常に残念であったけれど、それらも今となっては良い思いでです。埼玉・千葉・宇都宮のスタッフの皆さん、それからその都度ご一緒したライダーの皆さんや素敵な仲間達に感謝します。

あっ
なにそれ?って方はこちらをご覧ください。

SR(Super Randonneur)の申請はこれからだけど、先に来年の会員登録を済ませた。またお世話になります。ただし今年以上に来年はトラック競技を中心にしたいのでこれまでのような参加は見込めないかな、基本的には埼玉中心に参加したいと思っています。

今年は爆弾を抱えた腰の様子も穏やかで、もちろん減量が功を奏していることは言うまでもない。お陰で年間走行距離は1万キロを越えた。Brevet(ブルベ)を楽しむようになって4年目にして少しはまともになってきたであろうか。

ところで毎月1,000kmなんて走っていたのが嘘のように先月は600km今月に至ってはいまだ60kmちょっと。。。すっっかりこちらはオフシーズンだね。(でもバンクではまだまだもがきますよ!)

街乗り用

081112_1.jpg
ブリジストン ワイルドウエスト レーシング 

ごく初期のMTBを所有しているのですが、そこそこ痛んでいたのでバラバラにして保管していました。すっかり自転車遊びにはまっているここ数年。いつか再生してやろうと目論んでいたのです。

テーマは街乗りでシンプルにです。

ホイールはハブ/スポーク/ニップルを交換です。
ロックナット寸法の規格が古いので丁度今のロードと同じF100R130になります。パーツには特別拘りませんから現行品のティアグラを選びました。スポークは1.8ミリプレーンで36hですが6本イタリアンで組みました。

駆動系はシンプルにシングルです。

ミスターコントロールとか言うメーカーのシングル化セット。リアハブはコグの代わりにスペーサーを突っ込み16Tの歯を固定する簡単なもの。それにテンショナー、最初使い方がわからずググッて画像を探す。説明書ついていないんだもん。
081112_2.jpg

BB/クランク/チェンリングはオリジナル、シングル化にともないチェンリング固定ネジはピストで使う物になっています。なんとデュラエース…ちっと勿体無い。46×16Tママチャリで考えたら重すぎだな。

ブレーキレバーはテクトロで新しいものに、カンチブレーキ本体はオリジナル、ただしここもシンプルに千鳥でオーソドックスにしてみました。

ハンドルステムにシートポスト・サドルはオリジナル。チェーンはシマノでペダルは三ヶ島の安価なものに。あとグリップも新品ね。

タイヤはMAXXIS DETONATOR(26HE×1.50) シティタイヤってカテゴリーで安価なもの。街乗りでもあまり細くはしませんでした。なんとなくMTBの雰囲気は残したいと思ったのです。チューブは英式、ママチャリ用空気入れでも対応できるからね。しかしなんだMTBのタイヤは装着が簡単だねえ~

自分で組むとそれなりに愛着が涌くものです。これはこれでけっこう気に入っています。赤・紫・黒も悪くないでしょ(笑)

ランドナーを楽しもう

081111_randonneur1.jpg

先日あかさんから懐かしいユーラシアのフレームを譲っていただきました。

正確に記すとランドナーではなく当時のブリジストンが言うところのディアゴナールと呼ばれる700cのタイヤでカンチブレーキを装備するタイプ、ランドナーとスポルティーフの中間に位置するもののようです。

自転車弄るの大好きですから乗れるようにしたいと思います。実はけっこうパーツ持っているんです。今は手元にありませんがその昔ランドナーに乗っていたくちです。でもまだまだ足りないものだらけですからコツコツ揃えましょうか。オリジナルには拘りません。ただし当時のテイストは残して、少しずつパーツをグレードアップしていったような雰囲気になるといいなと思っています。あまりピッカピッカでなくともOKでしょう。レストアと言うより当時の雰囲気で乗れるようにするって程度で良いと思っています。

ホイールもあかさんから譲っていただき少しは綺麗にします。一旦総てバラシてスポークとニップルは交換です。たまたまフロント分は在庫(普通在庫していないですよね、実はわたしそんな人です)していましたので早速組みました。番手はひとつ細くなりますがプレーンで1.8ミリです。元は2.0ミリでしたが36hですし1.8で十分だと思います。マビックの安いタイプのリムですが磨いたらとても綺麗になりあまり使われていなかったのか縦ブレも楽に消せました。シマノのハブですがプラスチック部分のヤケはある程度仕方ありませんね、でも玉当りはこのクラスのハブにしては上出来に仕上がったと思います。一人ごちています(笑)

こうみるとやっぱりシルバーに光る部品の数々に頬も緩むってところですよね。出来上がったらコンロ持ってノンビリサイクリングを楽しみたいと思います。春までには出来上がるかな~

ヘッドーパーツ 丹下※とりあえずリテナーが落ちないタイプですが高さが微妙…
チェンリング TA
クランク TA
BB TA(ダブル用・トリプル用あり)
チェーン レジナ
Wレバー シマノデュラエース(バンドタイプをhiroさんから譲っていただきました)
FD カンパヌーボレコード
RD ユーレージュビリーツーリング(カンパとサンプレもある)
ブレーキ マファッククリテリウム
アウター受けF:シマノR:マファック
千鳥 マファック(ダイアコンペの滑車タイプやアルミ削りだし滑車タイプもある)
ステム 日東ダイナミック
サドル イデアル
ピラー サカエ
シートピン スギノ(ピスト用に在庫していたもの)
ポンプ アドホック(フレーム装着用バンドタイプ台座あり)
ボトルゲージ TA
テールライト ルクソール ※改造しないと使えない
チューブ 28c用の在庫あり

以下ないもの
ハンドル ※最初はランドナーバーだと言っていましたが、やっぱりマーズバーがいいね。
ブレーキレバー
タイヤ
マッドガード これってキモよね
キャリア ※あかさんから譲っていただいたものはサイズが大きく合わないみたい残念。
フロントバッグ
ダイナモ 左用ってやつ
ライト
ブレーキワイヤー+アウターケーシング
シフトワイヤー+アウターケーシング
ペダル
トークリップ
トーストラップ

あとなんか必要なものあるかな、泥除け用の小物はなにが必要だっけ?。。。ダルマネジと輪行用に分割するってーと。。。まっそんなこんなが楽しいね。

奥武蔵トレーニングとキャンプ

081101_shiraishi.jpg

イモグラブさんと山練です。
道の駅おがわまちまで車で、約束の時間よりかなり早く着いてしまい軽く周辺を10kmほど流す。
合流後は裏道をオシャベリしながら進み松郷峠への道に出たら少し強度を上げる。斜度が増すとあっさり千切れ。。。

松郷をいなし西平のセブンは華麗にスルー、まるで周回しているような雰囲気を醸してみました。白石峠への分岐まで巡行高目です。トレーニングですから。。。少し斜度が増すとあっさり千切れ。。。

今年は縁がなく来れていなかった白石峠にアタックです。いきなり最初のコーナーですでに千切れ。。。
タイムは42分(遅)今一追い込めない弱さが出ますが、これでも15分も更新しているんです(爆)

某チームの方が下ってきました、たしか松郷の手前ですれ違いましたが…あれこそ本当の周回練習ですな。

定峰に下り休憩です。FLのウィンドブレーカーでしたので深谷の方にお声を掛けて頂きました。さすがFLの地元です。

一旦槻川沿いを下り一つ目の信号から秩父高原牧場へ登り返します。ええスタートから千切れます。。。えっちらおっちら、トレーニングですからもう少し追い込まないと、でも腰がパンパン膝もギシギシ無理はしません出来ません。最後はイモちゃんに迎えに来てもらいながらなんとか牧場に到着しソフトクリーム???練習でもこういったものは楽しみのひとつです。

081101_bokujyou.jpg

二本木峠から下り小川町へ戻ります。下り基調の道も強度を上げて回します。少し遅めのお昼は久し振りにラジュモハンへ。ここで私は離脱、イモちゃんはさらに七重へ向いました。

まだまだ坂道をスイスイとは行きませんが自分比そうとう改善されていることは明らかのようです。

あまりに私が遅いのでイモちゃん練習になったかなあ~お誘い頂きありがとうございました。お陰様で私は十分良い練習になりました。途中離脱でごめんなさい。

さて車で来ていますし連休です、このままのこのこ帰りません私。FLの皆さんがキャンプをしている情報をキャッチしていますので合流します。手際良くお料理を振舞えればいいのですが無理なので私は大好きな日本酒を携えお燗用にチロリやオチョコを用意してみました。

081101_rindou.jpg

この季節の野営には熱燗がぴったり下村酒造の誠保(じょうほ)がまさにその気持ちをどっしり受け止めてくれました。奥播磨バンザイ!

愉快な仲間とゆったりのんびり過ごすキャンプの夜は楽しくストレス解消になります。皆さんありがとうございました。炉端大将DX欲しくなりましたwww
プロフィール

Author:batchan
自転車

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。