スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草津白根山と渋峠

NEC_0067.jpg

あかさんの提案に乗って避暑サイクリングに行ってきました。

草津温泉朝の気温は19度、ここのところの東京の酷暑と違いなんと清々しいことか。

あかさんはランドナーですが私はロードです。草津白根山では軽いトレッキングもあるとのことなのでペダルはトークリップとトーストラップ仕様に換えてシューズも運動靴にしてみました。
NEC_0075.jpg

天狗山駐車場からスタート、ゆっくりのんびり高原の空気を身体に染み渡らせます。ギアは最初からファイナルロー(38×25)です。運度靴の靴底が思ったより柔らかく、慣れないこともあって膝から下ふくらはぎへの負担が半端なにことに気が付きますがお構いなしです、サイクリングですからwww

気になる景色があれば止まってカメラ撮影します。息を荒げたらいけませんそれでは避暑になりませんから~でも汗だくですけどなにかwww

草津白根山で休憩を挟んで次は渋峠を目指します。その手前には国道最高地点がありました。
お天気にも恵まれ雄大な景色の中を自転車に乗れるなんて最高に気持ち良かったです。
NEC_0062.jpg

渋峠ホテルに寄ってしっかり国道最高地点到達証明書を発行してもらい、アイスコーヒーでのんびり過ごします。あとで調べてみて解ったのですが、2,000mを越える場所柄高所トレーニングのスポットでもあるんですね。プロのかたも何人か見受けられます。群馬松島選手は後でわかりました、彼のBlogに自分写っていますがなwww

ひとしきり休んだら草津白根山へ戻り軽くトレッキング。。。とその前に腹ごしらえですね。観光地にありがちなごくごく日本らしいお昼を頂きました。

腰から下が鈍重で笑えましたが、草津白根山名物湯釜を見に歩きます。生憎火山ガスの危険があり半径500m以内への立ち入りが制限されていて若干遠目の展望スポットまでしか行けませんでした。そうなんですここ白根は活火山なんですよね、草津温泉から白根まで登ってくる途中硫黄臭が充満している場所を通りましたが、そこには立ち止まるなと注意を喚起する看板が立っていました。あの~自転車で上り坂なんでほとんど止まっているようなものですけど。。。

トレックと言うほどのこともなくサンダルやヒール等の観光客に混ざりながらのハイクとなりましたが、十分脚を使った後でしたからそれなりに充足したといいますか、これはこれで今後の課題となりました。
NEC_0072.jpg

NEC_0069.jpg

観光ハイクを終えた後は豪快なダウンヒルでした。朝はガスが出ていて見通しが悪かっただけに余計に迫力満点ですね。無事天狗山の駐車場に戻ってお仕舞い。ほどなく若手プロが下ってきてまた折り返して行きました。最高地点でも見かけて下って行ったのを見ています。彼らははたしてこの日は何本繰り返したんでしょうか、頑張ってますね。

急な避暑行でしたが楽しくリフレッシュになりました。お誘い頂いたあかさんありがとうございました。やっぱり証明書はマストだよねwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

batchan

Author:batchan
自転車

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。